中央大学法学部通信教育課程を卒業した管理人が システムの分かりづらい中央大学通信教育について 実際の体験、学習の仕方を書いています。もう卒業したので次のLLMという目標に向かってのことが中心のブログとなります。

  法学部の為の勉強ブログ(LLMを目指すブログ)のナビゲーター   トップページ > 民法3  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種類債権

2005 - 11/28 [Mon] - 17:24


【種類債権(401条)】

①意義
 種類債権とは、一定の種類に属する物の一定量を引き渡すことを
目的とする債権をいう。つまり種類と数量のみで指示される債権である。種類物債権、不特定債権ともいう。


②目的物の品質
 目的物の品質は当事者の意思で決まる。又、法律行為の性質で決まることもある。しかし以上で決まらないときは債務者は中等の品質のものを給付しなければならない。


【制限種類債権】

制限種類債権とは、種類物を給付するべき範囲に一定の制限を設けた
債権のことをいう。例えば、山本屋にある、うどんを三杯などである。一定の場所にある一定量の種類物を給付することを定めれば、制限種類債権となる。

【POINT】
(1)一般に種類債権と制限種類債権の違い。

  まず、一般の種類債権についてみてみると、その種類物を市場から
 調達出来る限り履行不能とはならない。制限種類債権においては、例 えば倉庫内の米が全焼するか全部盗まれれば履行不能になる。
 つまり、違いは履行不能があるかないかということになる。

(2)選択債権との比較
 
   制限種類債権は制限される範囲が狭くなれば選択債権に
  酷似してくる。しかし、選択債権というのは債権の目的として
  決定される、物の個性に重点を置く点において制限種類債権と
  異なるのである。



特定物債権、

2005 - 11/24 [Thu] - 08:21

 基本的なことから、どんどん学習を進めていい来ましょう。
基本を積み重ねることで、考える指針が出来上がります。
はりきって行きましょう。

【基礎知識】
(1)債権の目的とは何か
  ↓↓↓
  債権の目的とは債務者の行為すなわち給付を指す。又債権の内容と  も言われている。且つ、売買によって引き渡しされる物は目的物で  あって債権の目的ではない。

(2)債権の成立要件
  ↓↓↓
  債権の目的は一般的な要件を定める限り、当事者が自由に
  これを定めることが出来る。
  一般的には3つの要件が必要とされている。
  ①適法性→公序良俗、強行法規に反する内容の債権は認められない
  ②可能性→既に消失している家屋を売る契約は「可能性」の要件を   書いていることになる
  ③確定性→債権の目的は、債権成立時に確定していなくても、履行   時までに確定できればよい。

(覚えておこう)→債権の目的は金銭に見積もることが出来なくともよい。これは399条に書いてあります。想像してください、社会で生活していく中で、債権関係は、金銭のやり取りだけが生じるものではありませんよね???


【特定物債権】
特定物債権とは特定物の(引渡し)を債権の目的とする債権。
            ↓↓
            ①占有の移転②占有+所有権の移転
特定物とは、具体的取引において当事者がその個性に着目して取引したものを言う。

【効果】
①特定物債権の債務者は引渡しをなすまでに善良なる管理者の注意をもって保管する必要がある。(400条)
↓↓↓
善管注意義務とは行為者の具体的な注意能力うんぬんではなく、行為者の職業、社会的地位に応じて一般的に要求される程度の注意義務のこと
である。これに対して行為者の注意能力に応じた具体的な注意義務を「自己の財産におけると同一の注意義務」(659.940条)

①善管注意義務を怠ると→抽象的過失
②自己の財産におけると同一の注意義務を怠ることを→具体的過失
 ↓↓↓
上記の①②を合わせて軽過失という。

【POINT】
財産法においては原則として善管注意義務を負う。善管注意義務を果たさなければ、債務不履行責任(415条)を負うことになる。


債権総論 中央大学の教科書

2005 - 11/23 [Wed] - 12:53

 債権総論の中央大学の教科書を開いて
実際に学習を進めていきましょう。中央大学の債権総論の教科書は
白羽祐二先生のお書きになられた教科書です。
法律の教科書としては、かなり薄い教科書です。本文160ページです
ので、一読するなら誰にでも出来ると思います。

 まずは一読することをお勧めします。一読するときは流し読みで充分です。一字一句よんでいくのではなくさらっと流してください。
又、一回読めば覚えられるという方なら、ゆっくり一読して学習は
終了していいかと思われますが、アウトプットの練習はしてください。
教科書には設問がついていますので、それに全て答えられるように
なるのが理想ですね。


 まずは、また目次を開いて、読んでみましょう。何か思い当たりませんか???気づいたあなたはすごいです。気づかなくて実害はありませんが・・・・

 そうです、よく見ると、六法と全く同じ順序で書かれているのです。
つまり、六法の条文を細かく解説したものが教科書であるということが
出来るわけです。さらに考察すると、最近の学説や判例のながれ、論点など、教科書に書かれていることが一番重要な部分というわけです。
ですから、教科書の題名と六法の題名が重なる部分の条文が解釈の上でも、大切な部分というわけです。それはもちろん科目試験においても
重要ということです。

 これが分かれば学習の速度はさらに上がります。
みなさん、頑張りましょう!!!
 僕も論証をブログに載せていきますが、何か間違いを発見したら
指摘していただけると嬉しいです。では、科目試験を合格しましょう。

債権総論の学習する為の基礎知識

2005 - 11/23 [Wed] - 12:39


 法律を勉強するときには、法律全体の大まかな
知識があったほうが学習の進みが速いです。
ということで、債権総論とは、どのようなことを
学習していくか簡単に説明してみることにします。


 まず債権総論の教科書なり参考書の目次を開いてみましょう。
そこには大抵、①債権の目的②債権の効力③多数当事者の債権
④債権譲渡⑤債権の消滅、があると思います。総則ではこの様なことを学んでいきます。

 さて、次は六法を確認してみましょう。その参考書に書いてある
目次の、ことがどこに書いてあるのか、またどのように条文が規定されているのかを読んで理解しましょう。民法399条からですね。
さて、読んでみますと411条までが債権の目的です。412条~426が債権の効力。427~465条多数当時者の債権。466~473条が債権譲渡。474~が504条が債権の消滅です。

 これらをまず読んでおく。読むときにはただ、その項を流し読みで全部読めばいいというわけではありません。条文には必ず、それがどのような概念であるのか、どのようなことを。それと呼ぶのかということが書かれている本当の基本になる条文があります。そこに大まかなことが全て書いてあるといっても過言ではありません。
 例えば債権の目的なら399条に書いてあります。その一文だけで債権の目的とはこのようなことを言っているのだということが分かるはずです。399条から下は債権の目的の細かい部分であると考えるといいと
思います。

 ここまでの、ことをやってから学習に入ると、とても楽に学習を
進めることが出来ます。騙されたと思ってやってみてください。
通信教育課程の科目試験(単位付与の試験)は、一般通学生徒とは
かなり異なり、範囲が半端ではありません。教科書全範囲がテスト範囲
であるとなると、相当の量をこなさなければなりません。
なので、少しでも少量の時間で効率的に覚える、又は覚えなくても
考えることが出来る、勉強の仕方をしなければなりません。そのため
六法を見ながら、その条文はどこにあるのか、そしてどの条文に繋がっていくのかということを確認しながら勉強することによって六法を
見れば、問題が解けるという状況を作り出していくことをお勧め
するわけです。つまり、全部暗記する必要はありません。六法に書いてあることは暗記などする必要はないということです。
 せっかくテストに持ち込み可能とされている六法ですので有効に
使えるように工夫した勉強をしましょう。又、法曹という進路を考えている方にとって六法を使うということは必須です。

 予備校の問題集でもいいですが、結局実務法律家になるとき条文の解釈は自分自身に委ねられ、その他判例を考慮し考えるのですから、是非六法や判例に親しんでおくことが今後に役立つと思われます。



 

中大通信教育課程 11月科目試験勉強

2005 - 10/25 [Tue] - 23:38

 民法3は債権総論です!!!
まず債権とは六法で言うと民法399条~520条です。

 さて、ここで六法を開いてまずは399条~402条の条文を理解しながら読んでいきましょう。そうすると、債権ってこんな決まりなんだということが分かります。

 理解したら次に進みましょうか。
さて上記で条文で大切な条文があります。
それは400条です。

民400条「特定物引渡債権における保存義務」
債権の目的が特定物の引渡なるときは債務者は其引渡を為すまで善良なる管理者の注意を以って其物を保存することを要す。


 

« | HOME | 

プロフィール

NORI

Author:NORI
 中央大学法学部通信教育課程を2008年
9月30日に卒業致しました。
 今からはLLMに向けて英語の学習とお金を
少しばかり貯めることに励むブログになると
思います。

 LLMプログラムの説明をしないといけないですね。LLMプログラムは法学部卒業した学生に対して認められる米国弁護士を取得するために用意されたロースクールプログラムです。
 1年という超短期です。海外の司法試験は受かりやすいと聞いてはいますが、純日本人の僕にとっては、もしかしたら日本の司法試験より難しいかもしれません(><)

 まだまだ、目標に向かってやっていきます☆☆☆
まずは英語をもっと、もっと励みながら、仕事も
しながら上手く乗り切っていきたいと思います。


ブログ(blog)ならFC2





人気blogランキングへ





無料レンタルサーバー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSSリンク

中央大学法学部通信教育課程SNSの御案内

【中央大学法学部通信教育課程SNS】に是非ご登録下さい。 新規登録は下記アドレスから出来ます。
☆新規登録☆
http://lawstudy.sns.fc2.com/
 卒業目指して楽しく、新しい友人、知人と勉強してみませんか☆☆☆ 【中央大学法学部通信教育課程SNS】をよろしくお願いします(´▽`*)

ブログ内検索

知識の習得は読書から

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。