中央大学法学部通信教育課程を卒業した管理人が システムの分かりづらい中央大学通信教育について 実際の体験、学習の仕方を書いています。もう卒業したので次のLLMという目標に向かってのことが中心のブログとなります。

  法学部の為の勉強ブログ(LLMを目指すブログ)のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 通信教育課程日記 > 国境が薄くなっていく  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国境が薄くなっていく

2009 - 08/30 [Sun] - 01:01

 新しい英語の学習の一環として外人友人を作れるサイトに登録したのですが
そこには、本当にたくさんの言語を勉強している方がいて、それぞれに
語学を教えあい、国境を越えて友人になっていました。

 これは少しどころか、僕にとってショッキングな出来事でもありました。
個人対個人でコミュニケーションを交えることによってイデオロギーや過去の歴史の問題など
乗り越えることが容易になっているのだと。

 世界は個人レベルではもはや国境なんてなくなってしまったのかもしれません。
ただ、個人ではどうしようもない大きな力、例えばマスコミのプロパガンタや国の
定めた教育などで、何か個人という人間同士のコミュニケーションの邪魔をしよう
とする何かが横たわっているだけなのかもしれません。

 しかしながら、外国の方と知り合いになることは難しいことではなくなった
昨今、僕でも今外国の友達を作って、英語を使う環境を整えられてきています。
ここ国境なんてなくて、それは日本で作った友達に
「どこ出身???」
「僕東京」
「僕愛知なんだ」
と言っているような感じに似ています。

 どこの文化になってももしかしたら人間としての根本的な部分は変わり
ないのかもしれません。

 自己紹介からはじまって、それを学習する理由を伝え
相手が何を考えているのかを知ろうとし、そして互いに互いの
ことを知っていく。
 このプロセス自体は、言語が変わっても変わりないということを
今、身をもって感じています。

 国境はありますが、しかしながら、個人レベルでの人種の違いなどは
無くなったといっても良いほどにまで、通信の技術の向上が今あります。
大変語学を学びやすい時代になったと思います。

 しかしながら、これからどのようになっていくのか
本当の世界の中で、人々はどのように考えて、国という自分の属す
グループを介して世界を対峙したとき、いがみ合うのか、それとも微笑みあうのか
大変疑問であることに違いはありません。

 しかしながら、間違いなく言えるのは、個人レベルで悪意を持っている
人間はそこまで多くないということです。
 言語を学ぶということは多かれすくなかれ、人間について考えることなの
かもしれません。

 もっとたくさんの人と英語でコミュニケーションをしていきたいと
思っています。

スポンサーサイト

LLMコース入学に関する質問。

通教法学部2年のチューヤンです。

通信教育部からllmコースに入学出来たとして、アメリカの司法試験は受けられるんですか?

テンプル大学であれば、ニューヨーク州の司法試験になると思うんですけど、通信教育部の法学部卒が受けられるんですか?

それ以前にテンプル大学ジャパンキャンパスに通信教育部で学士(法学)を取った人は、入学出きるんですか?

私も通信教育部からllmコースを目指しているので気になります。

Re: LLMコース入学に関する質問。

チューヤンさんへ
コメントありがとうございます。
LLMへの入学は出来ます。

 直接テンプル大学に問い合わせしたので
間違いありません。

 またテンプル大学に在籍したからと言ってニューヨークだけ
しか受験できないわけではありません。全米の司法試験を
受けることが出来ます。

 ただ州法によっては私が受けられるかどうかは
分かりません。少なくともワシントンは受験可能だと
思われます。

 またLLMはどこの大学でも設置できるので
注意しなければならないのはABAが認定した
LLMコースであるかどうかです。
 ABAの認定を受けていないLLMに入っても
そもそも受験資格がありません。

 実際にNYの司法試験の規定では面接授業を受けたもの
という基準があるようです。ですから在籍していた大学から
スクーリングによる単位の修得を証明したもらう書類が必要になります。

 僕が分かるのはここまでです。
自分で調べてやっているので内容の不備は責任をもてませんので
あとは米の司法試験委員会などに直接メールで問い合わせて
みてください。
 

コメントありがとうございます。

通信教育部で法学の学士号を取った人もテンプル大学に入学出来るんですねー。(納得)

私もまずは大学を卒業出来るように頑張ります。ちなみに後期入学なので今年の10月で三年目になります。

ちょくちょくサイトに遊びに来るんで更新楽しみにしてますね。

通信教育部からLLMを目指すってブログは貴重なので、発見出来て良かったです。

チューヤンさんへ

 僕も手探り状態ながらにやっていますので
お互い目標目指して頑張っていきましょう☆☆☆

 英語の勉強もしないといけないと思いますので
お互い本当にやることが多いですが、
 やれることはやってみて、いけるところまでいきましょう☆☆☆

 またのご訪問お待ちしております☆☆☆

通信教育でLLMを卒業してもNYでの受験は無理みたいですよ。2011年に、旧司法試験が完全に終わって、新司法試験だけになった場合に、日本のロースクール卒業がBar受験の要件になるのでは、と心配しています。

受験資格は、http://2kyo2bar.seesaa.net/を参照してみてください。

はじめまして。

はじめまして。早乙女(そうとめ)と申します。
とても参考に、また励みになるブログを楽しく拝見させていただいております。
私は昨年、中央大学の通信学部へ入学しました。一年目は仕事との両立が難しく、芳しくない結果となってしまいましたが、二年目はその悔しさを払拭するため、自分に甘えず、がんばっていきたいと考えている、今日この頃です。

さて、「国境が薄くなっていく」読ませていただきました。
外人友人を作れるサイトを私も探していますが、なかなかどうして。。。
もし、よろしければ、サイトの詳細をご教示していただけないでしょうか。

これからも楽しく拝見させていただきます。

よろしくお願いいたします。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nori12nori12.blog25.fc2.com/tb.php/210-82f6d82a

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

プロフィール

NORI

Author:NORI
 中央大学法学部通信教育課程を2008年
9月30日に卒業致しました。
 今からはLLMに向けて英語の学習とお金を
少しばかり貯めることに励むブログになると
思います。

 LLMプログラムの説明をしないといけないですね。LLMプログラムは法学部卒業した学生に対して認められる米国弁護士を取得するために用意されたロースクールプログラムです。
 1年という超短期です。海外の司法試験は受かりやすいと聞いてはいますが、純日本人の僕にとっては、もしかしたら日本の司法試験より難しいかもしれません(><)

 まだまだ、目標に向かってやっていきます☆☆☆
まずは英語をもっと、もっと励みながら、仕事も
しながら上手く乗り切っていきたいと思います。


ブログ(blog)ならFC2





人気blogランキングへ





無料レンタルサーバー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSSリンク

中央大学法学部通信教育課程SNSの御案内

【中央大学法学部通信教育課程SNS】に是非ご登録下さい。 新規登録は下記アドレスから出来ます。
☆新規登録☆
http://lawstudy.sns.fc2.com/
 卒業目指して楽しく、新しい友人、知人と勉強してみませんか☆☆☆ 【中央大学法学部通信教育課程SNS】をよろしくお願いします(´▽`*)

ブログ内検索

知識の習得は読書から

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。