中央大学法学部通信教育課程を卒業した管理人が システムの分かりづらい中央大学通信教育について 実際の体験、学習の仕方を書いています。もう卒業したので次のLLMという目標に向かってのことが中心のブログとなります。

  法学部の為の勉強ブログ(LLMを目指すブログ)のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 通信教育課程日記 > 中央大学法学部通信教育課程 11月科目試験 行政法1  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央大学法学部通信教育課程 11月科目試験 行政法1

2006 - 11/01 [Wed] - 00:25


 中央大学法学部通信教育課程の科目試験が今月11月に
開催されます(;・∀・)
 最近忙殺されていまして、学習がはかどっていませんがもちろん
NORIも受験します。
 今回は行政法1が無事合格すれば良いと思っています。

 今回NORIが勉強していこうと思っている部分を紹介します。
開催される場所によってテスト問題も変わるので大変ですが・・・
NORIは名古屋で受験します。
 もし、名古屋で受験される方であれば参考程度にお使い
ください☆☆☆


【予想問題】
1:行政行為とはどのような行為のことであるか。またこの効力
  が認められるとしたら、それに瑕疵ある場合にはどのような効果
  が生じるであろうか。

2:行政活動が権力的である違法である場合に、どのような方法で
  その行政活動を除去できるであろうか。また行政救済制度とは
  どのようなものであるかを述べよ。

注)あくまでも個人的に予想した問題です。これが出題されなかった
  場合の責任は一切負いません。



 科目試験は大変ですがお互い頑張っていきましょう(´▽`*)

スポンサーサイト

お疲れ様です。
自分は、「民法2・3(物権・債権総論)」を受験します。
夏スク後の九月病のためか大分さぼってしまいました・・・・・orz。まあ、自業自得ですね。
現在、必死になってヤマを張っているところです。うまく当たればよいですが・・・・・。




藤響さんへ

 こんにちは☆☆☆コメントありがとうございます☆☆☆
NORIもサボってしまっていて一生懸命やっている
ところです。

 お互い11月科目試験は大変ですが
めげないで張り切っていきましょう☆☆☆
また遊びに来てくださいね☆☆☆

のりへ

相変わらず頑張ってて偉いね。
この調子で頑張り続けてね。
いつまでも良い子でいてね★

のり三郎さんへ

 名前は違っていますが、いつも応援してくださっている
方ですよね(´▽`*)アハハ

本当にいつもありがとうございます(´▽`*)
なかなか、頑張れないときもあったり
めげそうになるときも多々ありますが
でも、やっぱり後悔はしたくないので
自分なりに頑張っていきます☆☆☆

 これからも宜しくお願いします☆☆☆
いつも、応援本当にありがとうございます☆☆☆
嬉しいです゚・*:.。. .。.:*・゜

行政法の試験

どうでしたか。ヤマは当たっていたのでは?
行政法とは、結局は行政救済法の知識に尽きるのでは?
と最近では思ってます。
私は刑法各論と格闘中です。
英語の勉強も続けてくださいね。継続が大切ですよ。

ソムタムさんへ

コメントありがとうございます☆☆☆
科目試験は範囲はあたっていました。
しかしながら、どうしても評価を良くしたかった
為に問題の回答はできましたが
いさぎよく辞退することにしました。

 1月科目で好成績を確実に確保して
行こうと思っています。刑法各論頑張ってください。
僕も行政法をがんばっていきます(´▽`*

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんわ。また質問しつれいします。憲法条文の論点。たとえば7条3号の実質的決定権の問題など…書物を見ても通説がはっきりと明記されていないものは、先に述べてある説を通説と解釈してもいいのでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

藤響さんへ

コメントありがとうございます☆☆☆
出題の先生が変わっていると問題が
随分変わりますからね(;・∀・)
かなりきついですよね・・・(;´Д`)ウウッ…
マインドマップ是非取り入れてみてください!!!
かなりオススメの方法ですよ☆☆☆
今年もあとわずかになってきましたが
張り切っていきましょう!!!
只今、NORIは風邪にやられています・・・(;´Д`)ウウッ…

しゅーへいさんへ

 憲法7条3号の実質的決定権については解釈が難しいですね。
通説かそうではないかの判断ではなく、それが論理的に正しいかどうか
論証するときに矛盾はないか、ということが大切になってきます。

 判例によるところ三号関係は「衆議院解散権は天皇にあるが、実質的解散権
は内閣にある」となっていることから実質的な決定権は内閣にあるとなるように
矛盾しないように論証すればよいでしょう。

 通説がはっきりしないものは、つまりそれだけ論議されているということです。
そこで大切になるのは、矛盾なく説明することです。
 なので、基本書だけを読んで通説はこれと解釈するのではなく
判例も読んで、基本書に出てくる学説を検討してみて自分にしっくりくるもので
矛盾なく論証できるようにしてみてはいかがでしょうか?

質問

はじめまして、まなぶと言います
突然で大変失礼なのを承知で質問致します
私は現在中央大学法学部通信課を検討している者ですが
卒業率を見ますと10%前後となっています
もしよろしければなぜ10%台なのか、意見を伺ってもよろしいでしょうか
お願いします

まなぶさんへ

 こんばんわまなぶさん( ̄ー ̄;
管理人のNORIと申します。
大変レスが遅くなってしまいまして申し訳
ございません。。。

 卒業率は10%よりもう少し下でしょうか。。。
4年卒業は4%台ですね。。。
 でも、そこまで難関かというとそうではなく
しっかり学習すればどなたでも卒業することは可能
です。
 やりはじめると楽しいので是非前向きに検討
頂ければと思います。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nori12nori12.blog25.fc2.com/tb.php/133-de8af747

 | HOME | 

プロフィール

NORI

Author:NORI
 中央大学法学部通信教育課程を2008年
9月30日に卒業致しました。
 今からはLLMに向けて英語の学習とお金を
少しばかり貯めることに励むブログになると
思います。

 LLMプログラムの説明をしないといけないですね。LLMプログラムは法学部卒業した学生に対して認められる米国弁護士を取得するために用意されたロースクールプログラムです。
 1年という超短期です。海外の司法試験は受かりやすいと聞いてはいますが、純日本人の僕にとっては、もしかしたら日本の司法試験より難しいかもしれません(><)

 まだまだ、目標に向かってやっていきます☆☆☆
まずは英語をもっと、もっと励みながら、仕事も
しながら上手く乗り切っていきたいと思います。


ブログ(blog)ならFC2





人気blogランキングへ





無料レンタルサーバー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSSリンク

中央大学法学部通信教育課程SNSの御案内

【中央大学法学部通信教育課程SNS】に是非ご登録下さい。 新規登録は下記アドレスから出来ます。
☆新規登録☆
http://lawstudy.sns.fc2.com/
 卒業目指して楽しく、新しい友人、知人と勉強してみませんか☆☆☆ 【中央大学法学部通信教育課程SNS】をよろしくお願いします(´▽`*)

ブログ内検索

知識の習得は読書から

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。