中央大学法学部通信教育課程を卒業した管理人が システムの分かりづらい中央大学通信教育について 実際の体験、学習の仕方を書いています。もう卒業したので次のLLMという目標に向かってのことが中心のブログとなります。

  法学部の為の勉強ブログ(LLMを目指すブログ)のナビゲーター   トップページ > 2007年05月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学先を決めなくては!!!

2007 - 05/10 [Thu] - 22:57

 LLMの進学を考えており、計画として、まずは
語学留学半年間、秋入学で大学院へと考えています。

 カナダにしようか、オーストラリア、それともアメリカ
フィリピンなんという手も( ̄ー ̄)ニヤリッ
 などと考えているます。

 しかし、何しろ学費が半端でなく高いΣ(・ε・;)!!!
NORIとしてはなるべく安く語学留学を済ませたいというの
本音です。

 そして、ふらりとネットの記事を見ていると、

「5万円あったらフィジーへ行こう!!!」

 との触れ込みが゚・*:.。. .。.:*・゜

 実際3ヶ月くらいで100~150万くらいは予算を考えておかないと
いけないと思っていたのですが、これを見てなかなか良いかも
しれないと思い早速チェックしたのですが、驚くほど
安いです!!!

 他の海外留学と比較したら、その安さがわかります。
 サウスパシフィックフリーバードという会社の提供する
プランなのですが1年間留学しても、その費用は80万円ほどです。

 環境としては、温暖な気候、大自然、陽気な人々。
さらにもっと魅力なのは、フィジーの人々も日本人と同じで
学校で英語教育を受けて、喋れるようになるということから
語学を学ぶ厳しさ、辛さ、など理解してくれサポートしてくれる
そうです。

 語学は劣等感を持ってしまうと、消極的になってしまい
なかなか上達しません。しかしながら、母国語は違えど
英語を日本と同じように学校で学んで、そして実生活で使っている
フィジーの人々の中でなら、英語が喋れないという劣等感を
感じることは少なく、無理なく英語が上達していく気がしました。



 語学留学をお考えの方がいたら一度フィジーへの
留学と言うのも考えて見えも良いのではないでしょうか。
興味がある方は下記リンクから詳細を確認して下さい(´▽`*)
↓↓↓
【フィジーへ留学】

 海外の都会にはいつでもいけます。
でもフィジーはなかなか行けるところではない
イメージもあるので人生の中の半年間くらい
フィジーで学べたら、人生がとても豊かになるような
そんな気がしました(´▽`*)

                                      

スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

NORI

Author:NORI
 中央大学法学部通信教育課程を2008年
9月30日に卒業致しました。
 今からはLLMに向けて英語の学習とお金を
少しばかり貯めることに励むブログになると
思います。

 LLMプログラムの説明をしないといけないですね。LLMプログラムは法学部卒業した学生に対して認められる米国弁護士を取得するために用意されたロースクールプログラムです。
 1年という超短期です。海外の司法試験は受かりやすいと聞いてはいますが、純日本人の僕にとっては、もしかしたら日本の司法試験より難しいかもしれません(><)

 まだまだ、目標に向かってやっていきます☆☆☆
まずは英語をもっと、もっと励みながら、仕事も
しながら上手く乗り切っていきたいと思います。


ブログ(blog)ならFC2





人気blogランキングへ





無料レンタルサーバー

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSSリンク

中央大学法学部通信教育課程SNSの御案内

【中央大学法学部通信教育課程SNS】に是非ご登録下さい。 新規登録は下記アドレスから出来ます。
☆新規登録☆
http://lawstudy.sns.fc2.com/
 卒業目指して楽しく、新しい友人、知人と勉強してみませんか☆☆☆ 【中央大学法学部通信教育課程SNS】をよろしくお願いします(´▽`*)

ブログ内検索

知識の習得は読書から

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。