中央大学法学部通信教育課程を卒業した管理人が システムの分かりづらい中央大学通信教育について 実際の体験、学習の仕方を書いています。もう卒業したので次のLLMという目標に向かってのことが中心のブログとなります。

  法学部の為の勉強ブログ(LLMを目指すブログ)のナビゲーター   トップページ > 民法3  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債権総論のコツ

2006 - 03/20 [Mon] - 23:41


 債権総論学習のコツと科目試験


 債権総論って言われても・・・
と頭を抱えてしまうことってありませんか???
今日は債権総論のコツを紹介しますね。
久しぶりにコメントもらってはりきってます☆☆☆


①債権総論って何かな???

 何かなって言われてもって感じですよね。
何からやればいいのか、それにはコツがあります。
ちょっと以下に質問をしますので、まずは答えてみてください。


・債権総論の学習、章ごとに個別に暗記している。
・六法はあまり開かない
・学説がたくさんあって迷ってしまっている
・デバイスなどの、種類債権概念などのような部分を
 ノートに書いて暗記しようとしてしまう
・実はどの章が変わると、次の章での関連が分からない


 あなたは上記の問いにどれだけ当てはまりましたか?
(ω・ )ゝ なんだって?全部当てはまるって (。・x・)ゝ???
まあ、まあ。。。NORIもそうでしたから・・・

 
 一番大事なことは何がどこに繋がるか全体像がはっきりするように
することが大切です。

 債権の効力をまず書き出してみてください。
(1)履行請求権
(2)給付受領権
(3)債務者が任意に履行しない場合
・・・
・・・

 とあるわけですが、それが債権総論の学習の全てです。
この、中に細かい学説があるわけです。
例を出すと、(2)を見てください。給付受領権ってあります。
このタームの中に受領遅滞という法律問題があります。

 こうすると分かりやすくありませんか???

第二のコツですが・・・
章ごとに順番に学習していくのではなく、一つのまとまりで
学習してください。意味は分かりますか???

 つまり、債権者Aが履行請求した→債務者甲は応じなかった→強制
執行・・・てな具合に、始まりから終わりまでを学習します。
そうすると参照するテキストはあちこちに飛び回ることになりますが
どこが、どこと繋がっているか明確になっているので、流れとして
覚えることが出来ます。


 科目試験合格のコツ

 科目試験も合格のコツがあります。
債権総論は事例問題が殆どですね。
難しく見えるかもしれませんが、結構大丈夫です。

 六法がありますから。
ある程度学習してきたら六法から推測することが
可能です。保証債務といわれたら・・・そこを開いて
問題と照らし合わせ、 条文を引用しながら、問題に答えます。
書き方としては→「保証債務は・・・と・・・に」となっていること
から、本問の甲は第三者ではあるが保証契約を締結できると解す。



 こんな感じでしょうか???
多分noriが思うのは知識的にはたくさんのことが入っていると
思いますので、受からないのは真面目にやりすぎるからだと
思います。大切なことは、自分が条文を見るとこうなっているから
解釈はこうだと自信を持って書ききることです。

 学説を覚えていたら対比させれば良いですが、学説の名前は
書く必要ありません。書くべきところだけ書きましょう。


 はじめに書いたように、どの部分と繋がっているのかが
分かっていないことが一番の原因だと思うので。
是非、騙されたと思って、債権の効力を書き出して、そのタームの
中にどんな問題があるのか書き出してみてください。

 それだけで、学習の効率が変わりますし、とっても
学習が楽しくなりますよ。
 騙されたと思って、この機会に取り組んでみてください。


スポンサーサイト

債権総論 用語確認

2006 - 02/07 [Tue] - 08:00

 簡単に用語確認をしたいと思います。
みなさんしっかり覚えられていますか???


【用語確認】
①債権:特定の他人に対して、一定のことをしろと
      請求できる権利

②特定物:具体的取引に際して当事者がその個性に着目して
       取引した物

③善管注意義務:行為者の職業、社会的・経済的地位に応じて
            一般的に要求される程度の注意義務

④種類債権:一定の種類に属する物を一定量引き渡す事を
         目的とする債権

⑤制限種類債権:種類物給付するべき際に一定量の制限を
            設けた債権

⑥特定債権:物の引渡しを目的としない特定の給付を請求する債権

⑦選択債権:数個の給付中選択によって定まる1個の給付を
      目的とする債権

⑧直接強制:国家権力によって、債務者の意思に関わらず
      債権の内容を実現すること

⑨代替執行:裁判に基づき、第三者(債権者も含む)によって債権の
      内容を実現させ、その代金を債務者から取り立てる

⑩間接強制:損害賠償の支払いを命ずることによって、債務者に心理的
      圧迫を加えることで債権の内容を実現する

⑪安全配慮義務:ある法律関係に基づいて特別な社会的接触関係に
        入った当事者において、当該法律関係の付随義務
        として当事者の一方は又は双方が相手方に対して
        信義則上負う義務とされるもの

⑫履行遅滞:債権者が履行期に履行が可能であるにも関わらず履行
      をしていないで、履行期を徒過すること

⑬履行不能:債権成立後に債務者の責に帰すべき事由により
      履行が出来なくなること

⑭不完全履行:債務の履行として履行が成されながら、それが
       債務の本旨に従ったものでない不完全なものであること

⑮債権者代位権:債務者が一般財産の減少を放置する場合に、
        債権者が債務者に代わってその減少を防止
        する措置を講ずる制度

⑯債権者取消権:債務者がその一般財産を積極的に減少させる
        行為をする場合に、この効力を否認し
        その減少を防止する制度

⑰不可分債権:1個の不可分給付について数人の債権者がいる場合

⑱不可分債務:1個の不可分給付について数人の債務者がいる場合

⑲連帯債務:数人の債務者が、同一の内容の給付について
      各自が独立に全部の給付をなすべき債務

⑳不真正連帯債務:2人以上の債務者が同じ目的を持った同一内容の
         給付義務を負う場合


  

債権総論 科目試験

2006 - 01/07 [Sat] - 00:18


 またこの季節の到来です!!!
科目試験です!!!さて、債権総論!!!

 どのように進めていこうか・・・
もうすぐ試験なのにこんなこと言っていてはいけないのですが。

 どうにかなるというか、どうにかするという希望的観測で
乗り切ろうと思っています。
 もちろん勉強はしますよ。

 今回はどのような問題が出るのか・・・
予想はしがたいですが、多分乗り切れるでしょう!!!
みなさんも科目試験頑張りましょう!!!

 それでは、また報告いたします☆☆☆

もうすぐ科目試験

2006 - 01/04 [Wed] - 22:35


 もうすぐ科目試験です

 結構大変です!!!
債権総論、地理学、体育理論を受けますが
債権総論がどうかと思います。しかし何とか
合格にもって行きたいと思っています。

 しかし法律科目は結構大変です。
地理学は資料持込が可能なので深くは考えていませんが
地理学も・・・評価的には厳しいかもしれないと思っています。

 しかし、絶対に合格してこないといけません!!!
ここで失敗したら困ってしまいます(><)
後々のことを考えてここは絶対に最低でも一つは
合格にするべきなのです。頑張るしかないですね。


 みなさんも頑張ってください!!!
では、では、今年も良い年になりますようにΨ(`∀´)Ψケケケ


民401条【種類債権の特定】

2005 - 12/05 [Mon] - 16:57

民401条【種類債権の特定】
今までざっと流しましたが、少し詳しく特定についてみていくことにしましょう。

【事前基礎知識】

 まず401条は債務者のためにある条文と言っても良いです。
それは、この特定の制度というのは、種類物には普通履行不能の観念
がないために、債務者というのは同種のものを市場から調達する義務を追うことになる。しかし、これではあまりに債務者の負担が大きく、又債務者の負担が不当に重くなる可能性がある。そこで種類物の特定401条に2項により特定の制度を設けたのである。


【論点】

 ここで問題になっている文言は、「行為者が給付に必要なる行為を完了したとき」という文言が問題とされています。
 
 何が問題なのかと言えば、ここで、特定される時期についての記述が一切ないからです。つまり、どの時期に特定がされるのかの記述がないのです。ですから、ここでは各判例の態度から、追ってみていくと学習効率が上がると思います。では各判例を見ていきましょう。三省堂の判例六法には、401条の判例をして3つしかありませんので、気軽に見てください。


【POINT】
「不特定物の特定」と「弁済の提供」(493条)の概念は似ているが違う制度なので注意すること。弁済の提供は債務者の債務不履行責任を
免れさせるものであるが、不特定物の特定は不特定物の特定は不特定物においても履行不能の自体を可能とすることで、債務者を無限の調達義務から解放するものである。
 又、特定が重要な役割を持つのは、特定によって債権者に危険が
移転するからである(534条2項)。下記に534条を簡単に記述することにしよう。



 | HOME |  »

プロフィール

NORI

Author:NORI
 中央大学法学部通信教育課程を2008年
9月30日に卒業致しました。
 今からはLLMに向けて英語の学習とお金を
少しばかり貯めることに励むブログになると
思います。

 LLMプログラムの説明をしないといけないですね。LLMプログラムは法学部卒業した学生に対して認められる米国弁護士を取得するために用意されたロースクールプログラムです。
 1年という超短期です。海外の司法試験は受かりやすいと聞いてはいますが、純日本人の僕にとっては、もしかしたら日本の司法試験より難しいかもしれません(><)

 まだまだ、目標に向かってやっていきます☆☆☆
まずは英語をもっと、もっと励みながら、仕事も
しながら上手く乗り切っていきたいと思います。


ブログ(blog)ならFC2





人気blogランキングへ





無料レンタルサーバー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSSリンク

中央大学法学部通信教育課程SNSの御案内

【中央大学法学部通信教育課程SNS】に是非ご登録下さい。 新規登録は下記アドレスから出来ます。
☆新規登録☆
http://lawstudy.sns.fc2.com/
 卒業目指して楽しく、新しい友人、知人と勉強してみませんか☆☆☆ 【中央大学法学部通信教育課程SNS】をよろしくお願いします(´▽`*)

ブログ内検索

知識の習得は読書から

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。