中央大学法学部通信教育課程を卒業した管理人が システムの分かりづらい中央大学通信教育について 実際の体験、学習の仕方を書いています。もう卒業したので次のLLMという目標に向かってのことが中心のブログとなります。

  法学部の為の勉強ブログ(LLMを目指すブログ)のナビゲーター   トップページ > 民事訴訟法  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民事訴訟法 メディア授業

2006 - 06/08 [Thu] - 22:52


 6/9~6/11日から三日間で民事訴訟法メディア授業が
開催されます。民事訴訟法は中央大学の中でも習得が
難しい単位とされていますが、しっかり授業を受けて
こようと思います(´▽`*)

 好きでやっていることなので、
有意義な時間にしていこうと思っています。
明日からメディア授業、短期スクーリングの方
お互い頑張って単位を取得しましょう(´▽`*)

 夏期スクーリングのレポートも早く終わらせないと
いけません・・・(;´Д`)ウウッ…
 とにか、張り切っていきます(´▽`*)

スポンサーサイト

共同訴訟(民事訴訟法)

2006 - 06/06 [Tue] - 21:35


 多数当事者訴訟

 共同訴訟について、せっせと学んでいます。
本当に手続法は難しいと感じています。

 何がこんなに難しいのかと言うと、きっと他の法律は細々と
たくさんありますが、訴訟に関する手続きの規定は、この民事訴訟法
といわれるもので処理しないといけない為なのだと感じます。

 まずは、全体像から見ていきたいと思います。
38条は共同訴訟の要件を定めています。
①権利義務の共通
②原因の同一
③権利義務、原因の同一

 この要件を満たしたときに、共同訴訟となるのですが、その共同
訴訟の中にも通常共同訴訟、必要的共同訴訟とに分かれています。
この二の違いはどこにあるのでしょうか。又、どのように区別するの
でしょうか。

 まず、通常共同訴訟は合一確定がいりません。理由としては、
便宜上共同訴訟として提起できるようにしたもので、そもそも個別に
審判されても差支えがないからである。
 次に、必要的共同訴訟ですが、これは合一確定が必要である。

 上記を踏まえて、簡単に区別基準を述べます。
通常共同訴訟は実体法上単独にものを扱い、必要的共同訴訟は
実体法上、複数人でなければならないものを扱うのである。

 通常共同訴訟には、主観的予備的併合の問題がある。
これは次回に述べる。


                   以上 

民事訴訟法 課題レポート1 合格

2006 - 06/01 [Thu] - 14:04

 
 民事訴訟法課題レポート1が合格で返却されてきました。
本当によかったです(((;-д- )=3ハァハァ

 しかし、この課題レポートの評価は良くありませんでした。
既判力自体の説明が長すぎる、ということでした。
そして、なるべく平易にしようと思ったので、「既判力の相対効」
という言葉は使わず、「当事者間に限られる」と書いていたことが
逆に「相対効と書いてください」と指摘されていました。
 また、相対効の根拠は弁論主義とも絡めて書くと良い・・・etc

一般第三者への既判力の拡張についてが検討不足|・ェ・`)ノ

 う~ん、やはり民事訴訟法に苦しんでいます(((;-д- )=3
なんとか、乗り切らなくては(´▽`*)アハハ
 民事訴訟法とにかく、あと一つレポートを残すのみです。
来週は民事訴訟法メディアがあります。
 早く終わらせてしまわないと(((;-д- )=3ハァハァ

 張り切っていきましょう(´▽`*)アハハ (´▽`*)アハハ (´▽`*)アハハ

六法を読みながらの民事訴訟

2006 - 06/01 [Thu] - 03:01


 NORIもそうですが、基本書や予備校テキストを読んでいると
すっかり六法を開かなくなります。しかも関連条文の確認も
おろそかになってしまって、いざというとき条文がどこにあるのか
分からなくなったりしてしまうことがあります(((;-д- )=3ハァハァ
条文が自分で追える様になると、もしテストで何か忘れてしまった
ときも条文から問題が解けるようになります。

 せっかく六法があるのですから、六法で確認しながら、学習
をしていくという為にも六法を使っていこうと思います。
六法を日頃から引いておくと必ず役に立ちます。
 ∑( ̄□ ̄;)ナント!!中大の科目試験にだってもちろん有効です。
では下記に六法をどうやって学習に使っていくか述べます。
 


民事訴訟法

2条:裁判所は、民事訴訟が公正かつ迅速に行われるように
  努め、当事者は、信義に従い誠実に民事訴訟を追行しな
   なければならない。

 ※裁判の公正(憲法上の保障=憲法32条・76条3項・78条・82条)
  本法の定め(23~27条・179~242条・281~349条)
  手続きの迅速(156・157・161~178・182・301条)
  信義誠実(民1条2項・) 

 
 六法を引くと上記のようになっているかと思います。
条文があって関連条文が記してあります。
まだ、難しいことは考えないで下さいね(´▽`*)アハハ

 関連は分かりましたか???
ちょっとお手元にある六法を開いて関連条文を見てください。
まずは、憲法32条からです。

 憲法32条は裁判を受ける権利を保障しています。ということは
もちろん、その内容は民事訴訟法にも当てはまります。この権利を
訴権といいます。

 このように、関連条文を見ていくと、民事訴訟は適正、公平、迅速
があぶり出されてくるわけです。
 そして、やはり断片的で繋がりにくいので、今度は基本書やテキスト
に戻って条文と照らし合わせてながら読んでみましょう。
そうすると、「そうか!!!( ・ g・)」ってなるはずです
m9っ( ̄ー ̄)ニヤリッ

 少し時間がかかる方法ですが、時間がかけられない方なら
まずは基本書を読んで出てきた条文を確認し、関連条文を
見ていくと早いです m9っ( ̄ー ̄)ニヤリッ

 かなりお勧めの方法で、かなり理解も深まると思います。
でも、復習しないとやはりわすれますので、気長に忘れたら
復習するというように気長にやっていこうと思います。

 張り切って学習していきましょう(´▽`*)アハハ

民事訴訟レポート課題につて

2006 - 05/30 [Tue] - 02:23

 
 民事訴訟の課題レポートについて質問をうけましたので
記事として取り上げて行きたいと思います(´▽`*)
NORIは1.3課題を書きました。そして1課題はまだ帰ってきて
いませんので、合格しているかは分かりません( ;´・ω・`)人(´・ω・`; )
 
 前の記事の中にも書きましたが民事訴訟レポート課題3は不合格
になっています。その記事は→こちら


 ではレポートに入る前に民事訴訟はどのようなものか
ということだけ確認してください。これを知っているだけで
全然違います。その記事は→こちら


 【課題1のレポートについて】

 この課題は既判力が当事者に限られるのはなぜか、また例外的に
第三者にも既判力が及ぶ場合とはどのような時か、という課題です。
なので、まず述べなければならないのは、そもそも民事訴訟とは
どのように紛争を解決するかです。

 そして以前の記事にも書いた、既判力が当事者間に限られる
理由を書いていくわけです。その記事は→こちら

 そして最後に、例外を書くわけです。
例外は、ばっちり基本書や、予備校テキストに載っています
ので、すぐに書けると思います。

 質問ありがとうございました(´▽`*)アハハ
頑張って単位を取得して卒業しましょう☆☆☆

 

 | HOME |  »

プロフィール

NORI

Author:NORI
 中央大学法学部通信教育課程を2008年
9月30日に卒業致しました。
 今からはLLMに向けて英語の学習とお金を
少しばかり貯めることに励むブログになると
思います。

 LLMプログラムの説明をしないといけないですね。LLMプログラムは法学部卒業した学生に対して認められる米国弁護士を取得するために用意されたロースクールプログラムです。
 1年という超短期です。海外の司法試験は受かりやすいと聞いてはいますが、純日本人の僕にとっては、もしかしたら日本の司法試験より難しいかもしれません(><)

 まだまだ、目標に向かってやっていきます☆☆☆
まずは英語をもっと、もっと励みながら、仕事も
しながら上手く乗り切っていきたいと思います。


ブログ(blog)ならFC2





人気blogランキングへ





無料レンタルサーバー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSSリンク

中央大学法学部通信教育課程SNSの御案内

【中央大学法学部通信教育課程SNS】に是非ご登録下さい。 新規登録は下記アドレスから出来ます。
☆新規登録☆
http://lawstudy.sns.fc2.com/
 卒業目指して楽しく、新しい友人、知人と勉強してみませんか☆☆☆ 【中央大学法学部通信教育課程SNS】をよろしくお願いします(´▽`*)

ブログ内検索

知識の習得は読書から

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。